縮毛矯正
髪の毛のぱさつきや、ベタベタ感、髪が広がる、髪が多い、少ない、太い、細い、うねる・・・
そんな髪の毛の悩みを解決!  美容師さんが教える ヘアケアガイドブックです

くせ毛・縮れ毛が憧れの「サラサラ ストレートヘアに!」

くせ毛や縮れ毛でお悩みの方にとっては、縮毛矯正は悩みを解消してくれる素晴らしい技術ですね。

でも、縮毛矯正は「ちゃんとクセが伸びるの?」 「どれくらいもつの?」 「失敗しない?」 「髪の毛は傷まない?」 といった不安もあると思います。

縮毛矯正の種類

< 縮毛矯正には使う薬液や施術のしかたによって何種類もの方法がありますが、基本的にはアイロン等で熱を加えて髪の毛を伸ばす方法と思っていただければと思います。

私が知っているだけでも薬液にはMrハビット・リペア・リメイク・ストリア・リフレイン・ヒーリング・ミコノス・エフィカス・リシオ・フォルムアーツ・クリスタライジング・スーパーSARA・M3D・リューレント・ウェーブコントロール・・・。

まだまだ沢山あると思いますが、まあ、中身は同じようなもので大差ないんじゃないかと思います。

経験がものをいう技術

縮毛矯正に使う薬液も日々新しいものが生まれ、矯正効果も高く、髪の毛へのダメージも少なくなってきてはいますが、「しっかり伸びて・ダメージも少なく・矯正効果の長期間持続・綺麗な仕上がり」を生むのは技術者の腕にかかっています。

そのお客様のクセの強さや種類を見極めて、薬液選定と時間、アイロンの温度と当て方を調節できないと、上手く伸びなかったり、すぐに効果がなくなっちゃったり、髪を傷めてしまったりということになります。つまり、縮毛矯正は美容師の経験や感性がものをいう技術なんです。。

「3人の美容師さんが一斉にアイロンをかけてくれたから早く終わったわよ」なんて話も聞きますが、これは最悪です。 「短時間」で「安く」したいのはわかりますが、それで仕上がりにムラができたり、髪の毛を傷めてしまっては元も子もありません。
そもそも縮毛矯正は髪の状態を見極めながら、「しっかり伸びて、傷まない」ポイントを加熱時間や強さなど微妙な加減で仕上げていかないと、思った通りの仕上がりにはなってくれません。これを3人でやったら部位によって仕上がりがまちまちになってしまうのは当たり前です。

もちろん自分でやるのは不可能だと思いますし、早くて安いお店は避けた方がいいと思います。 縮毛矯正の失敗した髪は目も当てられません。。 また、失敗した髪の修正はとっても難しいです。

縮毛矯正は、しっかりした技術と経験のある美容師さんにやってもらえば、今までの悩みがウソのような「さらさらストレートヘア」に仕上げてくれますし、半年くらいの期間はもつ技術です。安い値段や時間が早いといった部分だけで選ぶのはやめましょうね♪

縮毛矯正が得意な美容室を探す!



TOPPAGE  TOP