ストレートヘア
髪の毛のぱさつきや、ベタベタ感、髪が広がる、髪が多い、少ない、太い、細い、うねる・・・
そんな髪の毛の悩みを解決!  美容師さんが教える ヘアケアガイドブックです

髪の毛をサラサラなストレートに!

くせ毛や髪がうねる方にとっては、ナチュラルなウェーブヘアがおススメなのですが、サラサラなストレートな髪にもたまにはチャレンジしてみたくなったりしますよね。

元々の髪質にもよりますが、ストレートな髪にする方法としては「ストレートパーマ」もしくは「縮毛矯正」ということになります。また、その日だけストレートになればよいのであれば「ヘアーアイロン」を使うといいですね。

ストレートパーマ

ストレートパーマはネーミングからどんな髪の毛でもストレートになると思いがちですが、くせ毛や縮毛をストレートにすることはできません。

なんじゃこりゃ 一時的にできたとしても、まあ、もって3日くらいでしょうか。。
なので、ストパーは元々ストレートへアの方がかけていたパーマを落としたいって時にしか使いません。

ではクセ毛や縮れ毛の方は・・・
縮毛矯正です。

縮毛矯正

しっかりストレートな髪の毛にするには「縮毛矯正」をします。縮毛矯正はホット系のパーマで、一度かけたらその髪が抜けるか切ってしまうまで元には戻りません。縮毛やそれに近いような強いクセがある方は、現在縮毛矯正でしかストレートヘアにすることはできません。

縮毛矯正は全体の髪質や毛量、部位によってきめ細やかな調節が要求されるので、美容室や技術者によって仕上がりやもちが大きく変わってきます。「値段が安いから」で選んでしまうとロクなことにはならないと思いますから、縮毛矯正を得意としているサロンや美容師にお願いしましょう!

お近くのエリアから縮毛矯正がおススメの美容室を探せます!

ストレート アイロン

今日はストレートの気分♪ ちょっとクセ毛だけど縮毛矯正するほどでも・・
そんなときにヘアーアイロンは手軽にストレートヘアーができますから、ぜひ1本は持っておきたいアイテムですね。

ヘアーアイロンにもプレートが丸いウェーブ用と平らなストレート用があります。ストレートアイロンのプレートも幅の広いものから狭いもの、材質もセラミックやチタン合金などさまざまな種類がありますから、髪質に合わせて選ぶとよいでしょう。

ロングヘアーの方は幅広プレートで、クセの強い髪質の方は幅の狭いプレートで根元から少しずつ伸ばすとキレイなストレートになります。

またアイロンは髪の毛に高温を与えますから、髪を多少なりとも傷める可能性があります。基本的には濡れた髪には使わないように注意してください。できれば流さないタイプのヘアトリートメントをつけて乾燥後に使うと髪を傷めずに済みますし、髪もよりサラサラになります♪
 
TOPPAGE  TOP