シャンプー:髪の毛の洗い方
髪の毛のぱさつきや、ベタベタ感、髪が広がる、髪が多い、少ない、太い、細い、うねる・・・
そんな髪の毛の悩みを解決!  美容師さんが教える ヘアケアガイドブックです

正しいシャンプーの仕方

普段、何気なくしているシャンプー。じつは髪の毛にダメージを与えてしまったり、べたつきパサつき抜け毛などの原因にになってしまっているかもしれません。

ちょっとしたコツを知っているだけで、髪ダメージを抑え、サラサラヘアーに戻れるかも?
正しいシャンプーについて知っておきたいポイントをご紹介します。

①汚れを洗い流す

ちょっとだけ濡らして、すぐにシャンプーをはじめる方がいますが、シャンプーをつける前にしっかり汚れを洗い流しましょう。お湯を使ってシャワーで最低1分くらいは頭全体を流します。これだけで多くの汚れを落とすことができます。

②シャンプー剤はよく泡だてて!

シャンプーをボトルから手にとって「ベタ」っと髪につけるのはいただけません。すすぎ残しの原因にもなりますし、頭皮や毛穴に残ってしまうと髪のべたつきにもつながります。一番よくないのは、シャンプーボトルから直接頭にチューっとつける「直(じか)づけ」です。
適量のシャンプーを手に取ったら、手のひらでお湯と一緒に泡だててからつけましょう。シャンプーも洗顔と同じで、泡で洗うことが基本です。できれば洗顔用のネットなどを使い、きめ細かく泡立てるくらいが本当はいいんです。

③まず髪の根元から

手のひらでシャンプーをしっかり泡立てたら、まず髪の根元を中心に泡で優しく洗います。爪を立てると頭皮や毛根を傷つけますから、指のお腹で優しくマッサージするようにシャンプーます。
頭皮や髪の根元を洗ったら、だんだん毛先に向かってシャンプーしていきます。このときもシャカシャカ・ゴシゴシとやってしますと、髪が擦れてダメージヘアの原因になってしまいます。優しく泡で洗うようにしましょう。

④シャンプーを流します

髪の根元から毛先まで優しく洗い終えたら、シャワーを使ってシャンプー剤をよく洗い流します。このときも髪をゴシゴシ擦り合わせたりしないよう、優しく洗い流してあげて下さい。

⑤2度洗い

1日に2回以上シャンプーする時以外、基本はツーシャンです! ②~④を繰り返します。最後の仕上げすすぎは、シャンプーが残らないよう、しっかり2~3分間は時間をかけてすすいでください。すすぎ残しは×です!

⑥トリートメント

シャンプーをよくすすいだら、今度はトリートメントです。トリートメント剤は傷んだ髪を補修する成分が含まれていますので、必ずシャンプーの後には髪の根元ではなく毛先を中心につけましょう。もったいないなどと思わずに、トリートメントもしっかり洗い流しましょうね。

最近はトリートメント剤にリンスやコンディショナーのように髪を保護する成分がはいっている商品も多いのですが、髪を保護する成分が含まれていないトリートメントを使っている場合は髪の表面を保護するためにリンスやコンディショナーも使いましょう。

 ⇒ 髪の乾かし方(ドライヤー)

シャンプー剤について

毎日使うシャンプー。 お店には数えきれないほどのシャンプーやトリートメントがズラっと並んでいますね。値段もピンからキリまで。。
この中から自分の髪質(太さやクセ等)に合ったものを選ぶのは容易ではありません。

まず避けたいのは石油系合成界面活性剤(ラウリル硫酸やラウレス硫酸)を多く含むものです。洗浄力が強いのはいいのですが、やはり必要な油分や水分まで取ってしまいます。

アミノ酸系などの両性界面活性剤を使ったシャンプーの方が、必要以上に栄養分を取りませんし、逆に髪の毛にアミノ酸等の栄養を補給してくれます。

シャンプーの値段も、当然ながら前者は安く・後者は高い傾向にあるのですが、安いシャンプーで髪を傷めてしまっては、その後のヘアケアやセット剤などに余計お金がかかってしまうこともあると思います。また、やっぱり自分の髪の毛の将来を考えてもシャンプー代はケチらない方がいいですね。

ということで、シャンプーは美容室(ヘアサロン)で購入するのが一番安心だと思います。髪質に合ったシャンプーも選んでもらえますし。。 あとは、最近ネットでも良質なシャンプーが販売されていたりしますので、色々と探してみるものいいですね。



シャンプーを選ぶポイントは、シャンプー後ドライして「手ぐしチェック」です ^^v  「パサつき」や「ザラつき」、「引っかかり」がなく、スルっと滑らかに手グシが通るようなシャンプーを選びましょう!

シリコン? それとも ノンシリコン?


TOPPAGE  TOP