乾かし方(ドライヤー)
髪の毛のぱさつきや、ベタベタ感、髪が広がる、髪が多い、少ない、太い、細い、うねる・・・
そんな髪の毛の悩みを解決!  美容師さんが教える ヘアケアガイドブックです

髪の毛の乾かし方

髪の毛の乾かし方で知っておきたいポイントです。
ちょっとしたことで、あなたの髪がグッとよくなるかも・・ ^^

自然乾燥は×

ドライヤー シャンプーの後に長時間髪の毛が濡れたままでいたり、そのまま寝てしまったりすると・・・

髪の毛が膨潤してキューティクルが反り返るように開いてきます。すると、トリートメントでせっかく髪の毛の中に補った栄養分が外に出てしまいます。

キューティクル自体も水分を多く吸収してしまうと、ちょっとしたことで傷つきやすくなってしまいます。 髪のツヤも失われて、纏まりも悪くなる。

ですから、自然乾燥は絶対やめましょう! 濡れたままの髪で寝るのもダメです!

タオルドライ

シャンプーで髪や頭皮の汚れ、不要な皮脂を落として ⇒ トリートメントで栄養を補給 ⇒ コンディショナーで表面を保護 ⇒ その後は髪の毛を乾かします。

まずは「タオルドライ」。 乾いたタオルで優しく髪を包み、軽く押さえるように余分な水分をタオルで吸収します。 擦ったり叩いたりといったことは、ただでさえ軟らかく傷つきやすい状態の髪の毛にダメージを与えてしまいますのでやめましょう。

トリートメント

傷んだ髪の方は、できればここで洗い流さないタイプのトリートメント剤をつけましょう!
毛先中心につけると、髪に栄養を補給できるとともにドライヤーの熱や摩擦から髪を保護する効果があります。

ドライヤー

ドライヤー タオルドライの状態ではキューティクルが開いていますので、隙間から水分がどんどん逃げて行ってしまいます。この状態でいると、カサカサ、パサパサヘアの原因になってしまいます。タオルドライの後はキューティクルを閉めて水分が逃げないよう、必ずドライヤーを使いましょう。

ドライヤーは近すぎるところからあてるとオーバードライになってしまいます。髪の毛の根元を中心に遠くからまんべんなくあてていきます。8割くらい乾いたら、あとは余熱で毛先も乾きまますので、あまり熱の加えすぎには注意が必要ですね。

8割ほど乾かすことを続けると、ツヤツヤ・ピカピカヘアへ近づいていきます♪

低温トリートメントドライヤー おススメです ^^


おすすめ商品

マイナスイオンを発生するドライヤーやヘアブラシが続々と商品化されてきましたね。

原理的なことは専門家でないのでわかりませんが(^^;)、イオンドライヤーは空気中の水分を排出するそうです。オーバードライも防げますし、頭皮にも良い! やはりマイナスイオンドライヤーやブラシを使うと、髪の乾燥やパサつき、くせ毛にも効果があります。 なんてったって静電気が起きにくくなりますから、髪が落ち着くとともに、しっとりツヤのある髪に変身します! ぜひお試しください。

※ちなみに、当サロンでもイオンドライヤー&ヘアブラシ ← 使ってます!
  効果もメチャメチャ実感します ♪

TOPPAGE  TOP