髪の毛の悩みを解決!

セット剤の種類

スタイリング剤には「ワックスタイプ」をはじめ、「ムース」や「フォーム」、「ジェル」、「ミスト」、「スプレー」など、さまざまなタイプのものがあります。

 

髪質やセット、スタイリングの仕上がり具合などによっていろいろと選ぶことができます。
それぞれスタイリング剤の特徴や選び方、使い方を紹介します。

ヘアワックス WAX

髪の毛をツンと立たせたり、毛束感を出したりと、自由に毛先の表現ができることがヘアワックスの特徴です。また、スタイリングの持続時間が長、あとからも簡単に指で修正できる点も良い所ですね♪

 

ハードタイプからソフトなもの、仕上がりのツヤ加減も光沢からマットまでありますので、好みの仕上がりによって多くの種類が販売されています。

 

ハード系の固形ワックスに限って言えば、セット力が強い反面、「髪の細い方」、「乾燥髪」、「ロングヘアー」にはおススメしません。

ヘアムース(フォーム)

スタイリング成分だけでなく、トリートメント成分なども含めることができるので、色々な用途の商品が作りやすいようです。水分の含有を多くできるのと、髪の毛全体にムラなく行き渡らせることができるので、パーマヘアのウェーブコントロールに最適です。

 

スタイリングに限って言えば、ワックスやスプレーに比較してセット力・スタイリングの保持時間は劣ると思います。ウエット感を出したり、サラサラ感を出すのも得意ですから、セット力をあまり求めないウェーブスタイルや女性におススメします。

 

ヘアムース(フォーム)は使いたい。でもセット力も・・ という方は、ムースの上からミストやスプレーでセット力を補うって手もアリです♪

 

詳しい使い方 ⇒ スタイリングフォームはパーマヘアにおススメ ^^

へアスプレー

ハード系とオイル系、ワックススプレーもあります。

 

ハード系は髪を固めて動かさないようにするために使います。セット力はピカイチですね。なので、使い方はセットした後に使うものと思って下さい。裸髪に直接つけると髪の痛みの原因になったり、シャンプーで落ちにくいものもあります。水溶系のムースなどでスタイリングした後に使用しましょう!

ジェル

男性、特に夏場のショートヘアで束感を出すのに良いスタイリング剤です。

 

乾燥後の仕上がりがカチカチに硬くなるハードタイプはハードスプレー同様にホールド力は強く、ロングヘアーには不向きです。

 

多孔性でくせ毛の方にはソフトタイプのジェルがおススメです。夜寝る前につけると、髪の水分量が上手く調節できるので、翌日にパサつかずにすむようです。ぜひお試しを!

あなたのお悩みを解決してくれるおススメのサロンを探せます♪




関連ページ

そうだ!美容室を予約しよう
美容室の予約について|ほとんどの美容室は予約制もしくは予約のお客様が優先です ^^
当日にパーマの予約はできる?
当日にパーマの予約はできる? 今日、当日にパーマをかけたい!
美容室と男性(メンズ美容室)
美容室と男性(メンズ美容室) 男性の中にはちょっと恥ずかしくて美容室に入りづらいとまだ思っている方も多いようですが・・・
白髪染めで失敗!
白髪染めで失敗しないために 自分で白髪を染めて失敗・・
髪のエイジングケア
40代女性は注意!髪のエイジング 髪のエイジングは、髪の毛に艶がなくなったり、まとまりづらくなったと感じる時からはじまります
髪の毛の静電気対策
髪の毛の静電気対策 髪の毛に静電気を帯びると、髪がボワーッと広がってしまい
乾燥は髪の大敵
乾燥は髪の大敵!冬の髪の毛の乾燥対策|髪の毛や頭皮にとって乾燥は大敵で、中に閉じ込めているはずの水分が外に・・・
髪の毛にガムがついてしまったら?
髪の毛にガムがついてしまった時の対処法 髪の毛にガムがべったりついてしまった経験は、誰にもあるかと思います
シアカラーが流行る!?
シアカラーが流行る! 今年の秋のカラーリング。シアカラーが流行りそうです。
シリコン それともノンシリコン?
シャンプーは「シリコン派?」それとも「ノンシリコン派?」
スタイリングフォームの種類と使い方
スタイリングフォームの種類と使い方例 パーマヘアのセットにはスタイリングフォーム!
男性は「3」に注意です!
男性の頭皮や肌は、30代になると急に変化が訪れてきます。
紫外線から髪を守りましょう!
夏の大敵「紫外線」はお肌だけでなく髪の毛にもダメージを与えます。