髪の毛の悩みを解決!

パーマ

パーマは、デジタルパーマとかエアウェーブ、縮毛矯正・・・ 最近では色々なネーミングが乱立していますが、基本的にパーマは加温する 「ホットパーマ」 と常温で使う 「コールドパーマ」に大別されます。

パーマの原理

ちょっとばかり難しい話になりますが・・・。

 

髪の毛の主成分はタンパク質でしたね。 タンパク質はアミノ酸がたくさん結合してできているものなのですが、このアミノ酸の結合を一度切ってしまって、再度違う場所にくっつけちゃうというのがパーマの仕組みです。

 

もっと簡単に言うと、ボタンの架け替えみたいなものと思ってもらうといいかもしれませんね。1液でボタンを外して、ロッドやコテを使ってボタンを架け替える。 そして2液で固定する。みたいなイメージです。

パーマの種類

メーカーや美容室によってネーミングはさまざまですが、パーマには以下のような種類があります。

 

ホットパーマ系
 ・デジタルパーマ、デジカール・縮毛矯正・アイロンパーマ・システムキュール
 ・マイクロパーマ・サイエンスカール・メモリーカール・マトリックスカール
 ・ストレートパーマ・・・
コールドパーマ系
 ・ストレートパーマ・コールドパーマ
エアウェーブ
ソニックパーマ

パーマは髪が傷む?

パーマをかけると髪の毛がダメージを受けるのか? といったら「痛みます」!

 

パーマは薬を使って髪の毛のたんぱく質構造を一旦切って再度結合しなおすものですから、髪の毛のダメージは避けられません。

 

ただ、技術的にダメージを最低限に抑えることは可能ですし、パーマ後のケアで元の髪質に近づけることもできます。できれば信頼できる美容師さんにパーマを依頼して、その後の毎日のケアも怠らないようにしましょうね。

あなたのお悩みを解決してくれるおススメのサロンを探せます♪




関連ページ

ヘアカラーリング
ヘアカラーリング(毛染め)| お手入れの方法を一歩間違うと、髪の毛がボロボロになってしまったりしますので注意が必要です!
白髪染め
白髪染め|方法や種類によって、白髪染めの「染色効果」や「もつ期間(色持ち)」、「髪へのダメージ」などが大きく違います
髪のブリーチ
髪のブリーチ| 実は髪のプロでもある美容師でも使い方がトンデモなく難しいのです。
縮毛矯正!
くせ毛・縮れ毛が憧れのサラサラ ストレートヘアに!「縮毛矯正」|縮毛矯正は「ちゃんとクセが伸びるの?」 「どれくらいもつの?」 「失敗しない?」 「髪の毛は傷まない?」